社会経験の場としての風俗

DeliveryHealth

デリヘルのチェンジについて

女性の群像

デリヘルのチェンジについて考えてみました。
せっかく女の子に来てもらっても、全然タイプの子でなかったら楽しめませんよね。
それでも「ごめんね、チェンジをお願いします」という言葉を伝えるのは勇気が要ります。
『チェンジする位ならお金をケチらず、写真を見て指名しなさいよ』と思われてもいそうな気がします。

実際私もフリーで楽しもうとした際に、数回チェンジをお願いしたことがあります。
この時はちょっと心が痛んでしまいました。
幸い女の子は笑顔で「わかりました」と言って帰っていきましたが、きっと心の中ではやるせない思いがあったのではないでしょうか。
最近ではチェンジするにしても「可愛い」とまず褒め、「妻に似ているから」とか「元カノに似ているから」と言って断るようにしています。
デリヘル嬢には嘘とバレているかもしれませんけどね…。

チェンジをする上で気をつけなければならないのは、チェンジ料金が掛かる場合があるということ。
最初は無料というお店もありますけど、何度もチェンジをする位ならキャンセルした方が良いです。
それから頻繁にチェンジをお願いすると、冷やかしだと思われ断られることがあります。
その様な経験は私にはありませんが、チェンジを多発した知り合いが利用を断られたことを知っています。
後はチェンジをするなら女の子には絶対に触れない。
触れてしまったらチェンジもキャンセルもできないと考えておいた方が良いです。

いずれにしろチェンジをしたら女の子は慣れていたとしても、かなりのショックを受けているでしょう。
最初から可愛い好みの女性が来てくれたら良いですが、そうでなかった時のことも考えておく必要もあると思います。
どれだけ傷つけずに帰してあげれるかも、デリヘルを利用する上では重要だと感じます。

choices

article list

TOP